ポータブル電源

【検証】ポータブル電源を保温バッグに入れて電気毛布を使ってみた

2020年2月23日

冬場のキャンプや車中泊で、電気毛布を使うためにポータブル電源を購入する方がいると思いますが、気温が低い環境で使用すると本来の性能を発揮できず、通常より使える時間が短くなってしまいます。

寒い時こそ頑張ってもらいたいのに、寒いのが苦手なのは皮肉なものですが、保温バッグにポータブル電源を入れて使うと、バッテリーの持ちがどれくらい変わるのかを検証してみました。

 

リチウムイオン電池は極端な暑さ寒さが苦手

スマートフォンやカメラなど、あらゆる製品で使われているリチウムイオン電池ですが、小型・軽量・高容量で高出力、自然放電が少なく、メモリー効果がないなど、多くの長所がある反面、寒くなるとバッテリー内部の化学反応が遅くなって、取り出せる電気が少なくなってしまう短所があります。

多くのポータブル電源で使用されているバッテリーもリチウムイオン電池であるため、気温が0度に近づくような環境では、取り出せる電気の量も少なくなってしまいます。

以下にリチウムイオン電池の特徴を大まかにまとめました。

  • 軽量・小型・高出力
  • メモリー効果がない ※
  • 自然放電しにくい
  • 長寿命(500回くらい充電できる)
  • 極端な低温や高温環境に弱い
  • 長期間満タン状態が続くと劣化する

※ メモリー効果とは、充電された電気を使い切らないうちに充電をくり返すと、充電容量が少なくなってしまう現象のこと。

注意

低温環境では、電池の使用時間が普段より短くなりますが、一時的な現象なので、電池が適正温度に戻ると性能も回復します。しかし、35度を超えるような高温環境で使用した場合、電池に回復できないようなダメージを与えてしまう可能性があります。

寒いからといって、冬場にストーブの前やホットカーペットの上に置いたままにするのは、止めた方がいいでしょう。

 

使用した機材と検証環境

検証は、なるべく寒い方がいいので、この冬一番の寒波が来たタイミングで行いました。

ポータブル電源はJackery700、電気毛布は山善の75Wのものを使用。

部屋の窓を全開にして、できるだけ室温を下げました。

保温バッグは、サイズに余裕がなくてコンセントが挿しにくい…

もう一回り大きいのにすればよかった。

温度計のセンサー部分を保温バッグの内側に固定して

電気毛布のコードと一緒に外に垂らして

こんな感じで検証しました。

 

検証結果

電気毛布の設定温度は「中」で、6時間使用した時の保温バッグ内の温度と、室温の経過を表にまとめました。

経過時間 保温バッグ内 室温
0 10.7度 2.2度
1時間 15.6度 1.5度
2時間 17.4度 1.2度
3時間 18.8度 1.4度
4時間 19.6度 1.5度
5時間 20.2度 1.5度
6時間 20.5度 1.5度

開始時に「100%」だったバッテリー残量は、6時間後には「56%」になっていました。

この56%が多いのか少ないのかを比較するために、1日前に同じような室温で保温バッグ無しの時の結果と、室温が16度の時の結果と比べてみました。使用時間は全て6時間です。

  • 室温16度:バッテリー残量 68%
  • 保温バッグ無し:バッテリー残量 51%
  • 保温バッグ有り:バッテリー残量 56%

室温16度と0度に近い環境では、大きな違いがでましたが、保温バッグ有りと無しでは、思っていたほど差は出ませんでした。

 

検証まとめ

保温バッグ有りと無しの差は、バッテリー容量の「5%」でした。

検証を行う前は、もっと差がつくと思っていたので、少々残念な結果になりましたが、何もしないよりかはマシだと思います。

リチウムイオン電池は、気温が0度近くになるような環境では、著しく性能が低下するだけでなく、充放電をくり返すと電池が劣化してしまうため、電池を保護する意味でも保温バッグに入れることは意味があるのかなと思います。

注意

検証の結果から、ポータブル電源から取り出せる電力を多くするには、冷やさないことが有効な手段であることが分かりましたが、リチウムイオン電池は高温にも弱いため、ポータブル電源を暖房器具の近くに置いたり、無理やり温めるのは、危険が伴うので止めた方がいいと思います。

 

今回使用した機材

Amazon クーポン利用で14%ポイント還元!なくなり次第終了

 

 

ポータブル電源

2021/7/12

【EcoFlow RIVER Pro レビュー】便利な機能を詰め込んだ次世代型ポータブル電源

超大容量・高出力・急速充電で大人気の次世代ポータブル電源「EFDELTA」のエコフロー社から、容量720Wh・出力600Wの「RIVER Pro」が発売されました。 このポータブル電源には、高出力の電化製品を擬似的に使う機能や、1.6時間でフル充電ができる超急速充電、スマホアプリで設定をカスタマイズができる、他にはない便利な機能が満載です。 そんな RIVER Pro を購入から半年ほど使ったので、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 目次EcoFlow RIVER Proの特徴EcoFlow R ...

続き

ポータブル電源

2021/9/13

【Jackery Ace1500 レビュー】不可能を可能にするポータブル電源!

これまで高出力を謳いながらも、実際には何が動かせて何が動かせないのか気にしながら使っていたポータブル電源ですが、定格出力が1800Wの「Jackery Ace1500」の登場で状況が変わりました。 ドライヤーはもちろんケトルやIHコンロなど、普段使っている消費電力の高い家電を外に持ち出して使えるようになりました。今回はそんなJackery Ace1500を実際に使ってみて、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 この記事はメーカー様より商品を提供していただいて書いています。 目次Jackery Ac ...

続き

ポータブル電源

2021/8/31

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたこと【まとめ】Jackery SolarSaga 100 を使った感想   Jackery Solar ...

続き

ポータブル電源

2021/6/17

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/8/22

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴ヤマハ TW-E3Bの外観と機能ヤマハ TW-E3Bの操作方法ヤマハ TW-E3B ...

続き

家電関係

2021/3/20

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴F40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車に載せた時のサイズ感F40C4TMPの容量の目安F40C4TMPの冷却性能F40C4TMPをポータブル電源で動かしてみた【F40C4TMPレビューまとめ】さすがコンプレッサー式 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブル検証にはJackery700と100Wのソーラーパネルを使用検証開始まとめほぼ今回使用し ...

続き

-ポータブル電源

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)