使ってよかったものとか気になっているものを紹介しています

【RAVPower RP-PB159 20100mAh レビュー】PD45W出力でパソコンも急速充電できる大容量モバイルバッテリー

スマホをつい使いすぎて「気が付けばバッテリー残量が少なくなってしまった」というのはよくあること。

そんな時に役に立つのがモバイルバッテリーですが、最近では大容量・高出力化が進み、スマホだけでなくノートパソコンも充電出来るようになりました。

今回は容量20,000mAh、出力45Wの「RP-PB159」を使ってみたので、よかったところや気になったところをレビューしていこうと思います。

目次

RAVPower RP-PB159 の特徴

  • 20100mAhの大容量
  • 最大45Wの高出力
  • 本体を3時間半で充電できる
  • 2台同時に充電できる
  • 安心のバッテリー保護機能
  • 18ヶ月保証(製品登録で12ヶ月延長)
コナンティーノ

RP-PB159があればコンセントがないところでも、安心してパソコンが使えるようになりました

RAVPower RP-PB159 の外観

本体は iPhoneXと比べると2回りほど大きく厚みもあるため、ポケットに入れて持ち運べるようなモバイルバッテリーではありません。

本体の重さは398g。

成人男性が持つとこんな感じで、iPhone 11 Pro Maxとだいたい同じ大きさ。

出力は「USB-A」入力は「microUSB」入出力に対応した「USB-C」が各1口。

側面の電源ボタンを押すとバッテリー残量が確認できます。

バッテリー残量のインジケーターは4段階表示。

裏面にはバッテリーのスペックや各種認証マークが記載されています。

付属品は、USB-Cケーブル、マイクロUSBケーブル、本体を入れるポーチの3点で充電器は付属しない。

ポーチはしっかりした作りでケーブルを入れるポケット付。これが便利で重宝してます!

RAVPower RP-PB159 の出力性能

RAVPower RP-PB159 のスペック

  • バッテリー容量:20100mAh / 72.36Wh
  • 取り出し可能電力量:58.2Wh(5V × 2.4A)
  • 出力ポート:2( USB-A × 1 , USB-C × 1 )
  • USB-A出力:5V/2.4A
  • USB-C出力:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/2.25A

まずはバッテリーの容量がスペック通りあるのか、負荷装置を使って満タン状態から空になるまで測定したところ、「58.2Wh」で空になりました。

モバイルバッテリーは変換ロスが20%ほどあると言われていています。

取り出せた電力「58.2Wh」をバッテリー容量の「72.36Wh」で割ると「0.804」となり、20%のロスとバッテリーの容量がスペック通りあることを確認しました。

充電回数の目安 (メーカー公表値)

  • iPhone 6s:約7.3回
  • iPhone xs:約4.3回
  • iPad mini4:約1.8回
  • 2018 9.7inch iPad:約1.3回
  • 2017MacBook 12inch:約1.3回
  • MacBook Pro 13inch:約1回

USB-A の出力性能

TYPE-Aの出力は、QC3.0のような急速充電には対応していません。最大出力が12Wと少々物足りなさを感じますが、PD充電が普及したこともあり個人的には12Wあれば充分です。

アンドロイドスマホの「HUAWEI nova 5T」を9.54Wで充電していました。

手元にあるデバイスをバッテリー残量20%から充電したときの経過時間とバッテリー残量の変化を下の表にまとめました。

経過時間nova5TiPhoneXMediaPad
020%20%20%
30分49%46%33%
60分78%70%48%
90分97%89%62%
満充電97分136分193分

※バッテリー容量 nova 5T:3,750mAh、iPhone X:2,716mAh、MediaPad:4,700mAh

検証ではスマホ2台とタブレット1台を充電しましたが、まだもう少し余裕がありました。1回の充電でこれだけ使えれば、仕事でもプライベートでも丸1日使えると思います。

USB-C の出力性能

最大出力は45Wですが、それ以外の出力も調べました。

利用可能出力
  • 5.00V × 2.80A = 14W
  • 9.00V × 3.00A = 27W
  • 12.00V × 3.00A = 36W
  • 15.00V × 3.00A = 45W
  • 20.00V × 2.25A = 45W

バッテリーの裏面とホームページには「5.00V × 3.00A」と書いてありましたが、実際には「5.00V × 2.80A」でした。

ニンテンドースイッチ(2019モデル)に充電してみた

ニンテンドースイッチ(携帯モード)でゲームをしながら充電してみました。

出力は約15Wで、ゲームをしながらでもバッテリー残量が増えることを確認しました。これなら充電している間に待つ必要もなく、出先でもRPGのような長丁場のゲームも快適にプレイできます。

ちなみにバッテリー残量20%から100%にするのにだいたい17~18Wh必要で、3回フル充電できました。

下の表はバッテリー残量20%から100%になるまでの経過時間とバッテリー残量の変化をまとめたものです。

経過時間バッテリー残量
020%
30分43%
60分66%
90分85%
120分94%
148分100%

ゼルダの伝説の場合、スイッチ本体のバッテリーで時間くらい遊べるから、RP-PB159を使うと12時間もプレイできます。これだけ遊べて不満に思う人はそうは居ないはず!

MacBook Air(2019モデル)を充電してみた

MacBook Air 2019モデルを充電してみました。

Mac Airの入力は30Wですが、だいたい34W付近で落ち着いていました。オーバーした分は本体の方で30Wに落として充電されるようなのですが、4Wロスです。

下の表はバッテリー残量20%から100%になるまでの経過時間とバッテリー残量の変化をまとめたものです。

経過時間バッテリー残量
020%
30分58%
60分87%
110分100

1時間で20%から87%まで回復させてくれるところが有り難いです。

コナンティーノ

いざという時に心強い味方です!

その他に充電した機器

iPhone8 以降は「USB-C to Lightning」で接続するとPD充電ができるので、iPhoone Xで試したところ「約14.7W」で充電していました。iPhoneに付属の充電器は5Wなので、大幅な短縮につながります。

同時に充電するとUSB-Cの出力が下がる

USB-Cの最大出力は45Wですが、USB-Aと同時に使うと30Wに下がります。

上の写真はUSB-CにMacBook Air(下)と、USB-Aにスマホ(上)を繋いだ時のもので、MacBookを29.4W、スマホを10.4Wで充電していました。

出力が下がってもMacBook Airならフルスピードで充電できます。

給電ができる機器同士を繋ぐ時の注意点

RP-PB159のUSB-Cは1つのポートで給電と充電ができて便利ですが、いつも思った通りの挙動をしてくれるとは限りません。

お互いに給電ができる機器同士を繋いだ場合、給電しているつもりが充電されていることがあります。何度か繋ぎ直したり繋ぐ順番を変えると思った動きになるのですが注意が必要です。

本体が充電されている時はインジケーターが順番に点灯します。

バッテリー本体の充電

本体の充電は、micro-USBかUSB-Cポートを使います。

  • USB-C:5V/3A、9V/3A、12V/2A、15V/2A、20V/1.5A
  • Micro USB:5V/2A、9V/2A

micro-USBは最大18W、USB-Cは最大30Wで充電できます。特にUSB-Cは高速に充電にできます。充電器はMacBook Air付属の出力30Wの充電器も使えました。

充電時間

USB-C 充電器 (30W):3.5時間
QuickCharge 充電器 (18W):5.5時間

本体の充電時間の短さは使い勝手のよさに繋がるので、PD充電対応は嬉しい仕様です。

RAVPower RP-PB159 レビューまとめ

RP-PB159を使って、よかったところと気になったところにまとめました。

よかったところ
  • 20100mAh(72.36Wh)の大容量
  • USB-C PDで最大45Wの出力
  • 本体を3時間半で満充電できる
  • 1台でPCとスマホを充電できる
イマイチだったところ
  • USB-Aの仕様が物足りない
  • 大きくて重い

使い方にもよりますが、RAVPowe RP-PB059 を使うようになってからバッテリー切れを気にしなくて済むようになりました。ノートパソコンとスマホを同時に充電できるところも気に入ってます。

モバイルバッテリーは出先で使うものと思っていましたが、案外、家の中でもコンセントから離れた場所で作業をするときにも役立ちます。個人的にはスイッチのバッテリー切れを気にせずにどこでも遊べるようになって喜んでます。

RAVPowe RP-PB059 はノマドワーカーだけでなく、ヘビーゲーマーにもオススメのモバイルバッテリーです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる