ガジェット

【nova 5T用 Spigen ラギッド・アーマー レビュー】スマホケースの防御性能に拘るならSpigen

2020年11月12日

「Huawei nova 5T」は買った状態で保護フィルムが貼ってあったり、ケースが付いてくるのは有り難いのですが、どうもケースの保護力は高くないようで、普通に使っていてもガラスフィルムが欠けたりヒビが入ってしまいます。

このままでは、そのうち本体のガラスも割ってしまいそうなので、アマゾンで評価の高かった「Spigen(シュピゲン)」の「ラギッド・アーマー」を購入しました。

この記事では、ラギッド・アーマーを実際に使った感想や使い心地なんかをレビューしています。

 

スマホケースに求めること

私がスマホケースに求めるポイントは次の3点

  • 保護能力が高い
  • 手帳タイプではない
  • デザインがいい

保護能力が高い

最優先事項として保護能力の高さを重視するわけですが、ラギッド・アーマーには保護能力を高める工夫がいくつも詰め込まれています。

① ケースの内側にはスパイダーパターンといって、クモの巣状の模様が衝撃を効率よく分散してくれる加工がしてあります。

② ケース内側の四隅には、落下時の衝撃を効率よく吸収してダメージを最小限に抑えるエアクッションテクノロジーを装備。

③ ケースの縁はガラス面より少し高くなっていて、平らな場所であればガラス面から落ちても、画面割れを防いでくれる可能性が高い。

④ ケースの厚みに加えて、カメラのレンズ部分の周りを高くしてあるから傷がつきにくい。

カメラはスマホの機能の中でも重要な部分なので、そこを守ってくれるのは心強い!

手帳タイプではない

これはたまたま運が悪かっただけかもしれませんが、前に磁石付きの手帳タイプのケースを使っていた時に、二度カードが使えなくなった経験があるので、それ以来怖くて手帳タイプは使えません。

手帳タイプで磁石なしの製品もたまに見かけますが、メジャーなスマホだけだったり、デザインがイマイチだったりなので、磁石無しでオシャレな手帳タイプのケースを作ったら売れると思うんですけどね。

デザインがいい

保護能力が高くて手帳タイプじゃなかったら何でもいいわけではなくて、やっぱりデザインには拘りたい。ラギッド・アーマーはゴツゴツしていてGショックを思わせるような無骨なデザインなので、どちらかといえば男性向けのデザインで好き嫌いは分かれると思いますが、私はこのデザインが気に入りました。

以上の条件に当てはまったのが、Spigenのラギッド・アーマーです。

 

Spigen ラギッド・アーマーの外観と使用感

内容物はケースのみ。

ケース本体は TPU素材といって スマホケースによくある柔らかいタイプの素材ですが、ラギッド・アーマーの場合、けっこう固くてしっかりした作りになっています。

ケースの表面はサラサラした手触りで皮脂や指紋が付きにくくていいのですが、その分滑りやすくてスルッと手から落ちてしまいそうになります。機種によっては側面に滑り止めの溝が入っているものもあるようなので、できれば nova 5T用にも付けてほしかった。

四隅の内側にはエアクッションがありますが、外側は車のバンパーのようになっていて、こちらでも衝撃を緩和させるようになっているようです。

スピーカーやマイクの位置は正確で、TYPE-Cケーブルの差し込みの周りは広くとってあります。

そのおけげで、L時のケーブルも問題なく使えます。

電源スイッチ兼指紋センサーの周りも広くとってあるため、操作はケースを付けていない時と変わりなく、さらに音量ボタンのクリック感も付けてない時と遜色ありません。

純正のケースを装着した場合、スマホ本体のガラス面と高さが揃うように作ってあるため、ガラスフィルムは一段上に飛び出した感じになります。

そのせいか、ガラスフィルムの縁は欠けたりヒビが入ってしまいます。

ラギッド・アーマーを装着した場合、表面はガラスフィルムを貼っても余裕で縁が高くなるため、横からの衝撃からも守ってくれるはず。

純正ケースは背面のカメラ部分を、かろうじて保護できているレベル

ラギッド・アーマーは、カメラのレンズ部分の縁が盛り上がっていて、純正ケースとは比べ物にならないくらい保護されています。

 

Spigen ラギッド・アーマーの良かったところとイマイチなところ

Spigen ラギッド・アーマーを使ってみて、よかったところとイマイチなところにまとめました。

よかったところ

  • ケースの剛性感と保護機能が豊富
  • 操作性が損なわれない
  • 皮脂や指紋が付きにくい
  • 透明ケースのように変色しない
  • ゴツゴツしてかっこいい

イマイチだったところ

  • 表面がサラサラで滑りやすい
  • 綺麗なスマホの背面が隠れてしまう
  • 男性向けなデザインで好みが分かれる

 

今までスマホケースなんてどれでも大差ないと思っていましたが、実際に使ってみるとその考えが間違っていたことに気付かされました。

ラギッド・アーマーは細かい部分までよく考えられて拘って作られていて、純正ケースと比べると守られてる感がすごくあります。実際に落下テストをしたわけではないので保証はできませんが、多分スゴイはず!

サラサラの表面は汚れにくい反面滑りやすいという、メリットとデメリットが共存して悩ましいですが、手帳タイプ以外で保護力が高いケースを探している人には、候補に入れて間違いないと思います。

 

ポータブル電源

2021/4/10

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴据え置き型のパネルと遜色ない性能IP65相当の防水性能USBポートから直接スマホの充電が可能Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたことケーブルの長さは ...

続き

ポータブル電源

2021/4/10

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/3/9

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴aptX と TWS Plus 対応で高音質、低遅延、接続安定豊富な6色のカラーバ ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

【Techoss ソーラーパネル 80W レビュー】スマホもパソコンも直接充電できる折り畳み式ソーラーパネル

今まで折りたたみ式のソーラーパネルは折り畳んでコンパクトにできることだけが特徴で、それ以外は値段が高くて性能面では据え置きタイプの劣化版というイメージを持っていました。 実際に折りたたみ式のソーラーパネルを使ってみると、発電量が高いだけでなく直接スマホやタブレットを充電できる、据え置き型にはない付加価値があることも知りました。 今回は折りたたみ式と据え置きタイプのソーラーパネルとの比較を交えながら、実際の使用感を検証しています。 なお今回使用した「Techoss ソーラーパネル 80W」はメーカー様から提 ...

続き

家電関係

2021/3/20

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴パワフルなコンプレッサー方式バッテリー保護機能が付いている使用中に電源が切れても電源が入ると運転が再開される500mlのペットボトルを立てて入れられる車の中でも家の中でも使えるF40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブルケーブルのスペックソーラーケーブルの特徴DC8mmケーブルの特徴ケーブルの長さの比較検証 ...

続き

家電関係

2021/3/9

【ANSOLO 充電式カイロ レビュー】必要な時だけ、好みの温度で暖めてくれる便利なカイロ

私は運動不足解消のために散歩をしていて、冬場は使い捨てのカイロをよく持ち出していたのですが、帰ってきてからの扱いをどうすればいいのか?という問題に毎回直面していました。 必要ないなら捨てればいいのだけれど、さっきまで私のことを温めてくれたカイロに申し訳ない気がするし、帰ってきてからの方が元気に発熱して、温かいを通り越して熱いくらい頑張ってるから余計に捨てられない… どうしたものかとアマゾンを見ていると「充電式カイロ」という商品があったので購入してみました。この記事では実際に使ってみた感想や気付いたことなん ...

続き

-ガジェット

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)