ガジェット

【ファーウェイ安心保証】バッテリー交換から画面割れ、故障にも対応の手厚い保障に入る前に注意すべきポイント

2020年3月16日

ファーウェイのスマートフォンは高性能でありながらリーズナブルなので、コスパの高いメーカーとして日本でも存在感を増していますが、保証面についても魅力的なサポートを提供しています。

今回はファーウェイ安心保証に入る前に気を付けないといけないポイントを、私の失敗例といっしょに説明していこうと思います。

 

ファーウェイ安心保証とは?

まずは、ファーウェイ安心保証がどんなものなのかを説明します。

キャリアのスマホは利用料金が高い反面、万が一トラブルが起こった時に手厚いサポートが受けられる「携帯保証サービス」に加入できるのが魅力ですが、キャリアで購入したスマホでしか加入できません。

ファーウェイには免責0円で年2回まで交換できるキャリアを上回る保証サービスがあります。

それが「ファーウェイ安心保証」です。

具体的にどう違うのかドコモの「ケータイ保証」と「ファーウェイ安心保証」を比較したいと思います。

下の表は同価格帯の「Google Pixel 3a」と「HUAWEI nova5-T」を2年間加入した時の比較です。(ファーウェイ安心保証の加入期間は、2年と3年が選べます。)

  Google Pixel 3a HUAWEI nova5-T
月額/2年 550円/13,200円 10,890円一括
申込期間 購入日を含め14日以内 購入日から3週間
使用回数 年2回 年2回
自己負担 8,250円 0円
補償範囲 故障、落下、水濡れ、紛失 故障、落下、水濡れ

2年間のトータルの金額はnova5-Tの方が安いにもかかわらず、ファーウェイ安心保証は交換費用がかからないので、2年で4回交換した場合、33,000円もお得になります。

注意

ただしファーウェイ安心保証は紛失には対応していないので注意が必要です。あくまでも現物がないと交換してもらえません

 

加入前に注意すべきポイント

私が思うポイントは次の4つです。

  • 購入後1週間以内に保証を購入
  • 3週間以内に投函
  • キャリア仕様の製品は対象外
  • 保証対象は、日本市場向け製品のみ

 

購入後1週間以内に保証を購入、3週間以内に投函

「ファーウェイ安心保証」は魅力的なサポートですが、製品購入後1週間以内に保証を購入して3週間以内に送付しないといけません。特に購入期間は1週間しか無いので、スマホを買ったらすぐに注文しておいたほうがいいでしょう。

 

キャリア仕様の製品は対象外

注意したいのがファーウェイの製品なら何でも保証してもらえる訳ではなく、docomo、au、SoftBankの製品はキャリア仕様になっているため、修理は各キャリアの対応になります。

また一部NVMO(UQmobile、Y!mobile、J:COM)の製品もキャリアモデルの仕様となっているものがあるので対象外になります。

購入を検討している端末がキャリアモデルかどうかは、ファーウェイに問い合わせると教えてもらえるので、不安な場合は確認してから購入することをオススメします。

 

保証対象は日本市場向け製品のみ

保証対象になるのは、日本市場向け製品のみです。

このことはホームページ上ではなく約款の中に記載してあるため、見落としてしまう可能性があります。実際に私は見逃して安心保証に加入できませんでした

正確にはファーウェイの手違いで一旦は加入できたものの、後日 連絡があって取り消しになりました。

取り消しにはなりましたが、加入料を返金してもらえたのは不幸中の幸い。

これは私に落ち度があったにもかかわらず返金してくれたので、ある意味「手厚いサポート」のような気がします。くれぐれも私のような失敗はしないように!

 

ファーウェイ安心保証の購入から申込みの手順

step
1
購入方法は2通り

一つはファーウェイのサイトからで、こちらは代引のみの販売になっています。もう一つはファーウェイ楽天市場店で購入する方法で、こちらは普段楽天で買い物するのと同じ様に、カードが使えてポイントも貯まるので、楽天市場で購入することをオススメします。

人気商品は売り切れになることも多いですが、すぐに補充されるので心配することは無いと思います。

※公式サイトでの販売は終了しました。

 

step
2
安心保証パックが到着

購入後すぐに安心保証パックが送られてきました。

ブルーレイと同じ大きさのケースに、申込書と返信用封筒が入っていました。

 

step
3
申込書に必要事項を記入

1)申込用紙に記入する個人情報は、名前と電話番号とメールアドレスのみ。

2)次にケース裏面にある「保証パック商品コード」と「バーコード」、そして「スマホのシリアル番号」を記入します。

3)領収書はコピーでも大丈夫ですが、商品名と日付が確認できるものが必要です。

4)記入が完了したら、付属の返信用封筒に入れて投函します。ちなみに、返信用封筒には切手が貼ってあります。

注意ポイント

私の添付した領収書には、商品名が記載されておらず、後日ファーウェイから商品名が記載されているものを送るように言われたので、納品書をスキャナで撮って送りました。不安な場合は、あらかじめ領収書と納品書を添付しておく方がいいと思います。領収書(納品書)は裏面に貼り付けても大丈夫です。

 

step
4
保証書到着

後日、保証書が送られてきたので、安心保証パックのケースに入れて保管しました。

保証書は数が増えてくると、いざという時に探すのに苦労することもありますが、専用のケースがあると後から探しやすいので、この仕様はいいなと思いました。

まぁ私の場合は、幻の安心保証となってしまったんですけどねww

 

まとめ

格安simとsimフリースマホの組み合わせは、通信費を安くできる反面、キャリアのような保証は限られているので、ファーウェイ安心保証はかなり魅力的です。

申込みから登録完了まで少々面倒くさくはありますが、それに見合うだけの保証は確実にあるので、ファーウェイのスマホを購入したら「安心保証」に加入することを強くオススメします。

 

 

ポータブル電源

2021/7/12

【EcoFlow RIVER Pro レビュー】便利な機能を詰め込んだ次世代型ポータブル電源

超大容量・高出力・急速充電で大人気の次世代ポータブル電源「EFDELTA」のエコフロー社から、容量720Wh・出力600Wの「RIVER Pro」が発売されました。 このポータブル電源には、高出力の電化製品を擬似的に使う機能や、1.6時間でフル充電ができる超急速充電、スマホアプリで設定をカスタマイズができる、他にはない便利な機能が満載です。 そんな RIVER Pro を購入から半年ほど使ったので、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 目次EcoFlow RIVER Proの特徴EcoFlow R ...

続き

ポータブル電源

2021/9/13

【Jackery Ace1500 レビュー】不可能を可能にするポータブル電源!

これまで高出力を謳いながらも、実際には何が動かせて何が動かせないのか気にしながら使っていたポータブル電源ですが、定格出力が1800Wの「Jackery Ace1500」の登場で状況が変わりました。 ドライヤーはもちろんケトルやIHコンロなど、普段使っている消費電力の高い家電を外に持ち出して使えるようになりました。今回はそんなJackery Ace1500を実際に使ってみて、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 この記事はメーカー様より商品を提供していただいて書いています。 目次Jackery Ac ...

続き

ポータブル電源

2021/8/31

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたこと【まとめ】Jackery SolarSaga 100 を使った感想   Jackery Solar ...

続き

ポータブル電源

2021/9/26

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/9/28

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴ヤマハ TW-E3Bの外観と機能ヤマハ TW-E3Bの操作方法ヤマハ TW-E3B ...

続き

家電関係

2021/9/23

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴F40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車に載せた時のサイズ感F40C4TMPの容量の目安F40C4TMPの冷却性能F40C4TMPをポータブル電源で動かしてみた【F40C4TMPレビューまとめ】さすがコンプレッサー式 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブル検証にはJackery700と100Wのソーラーパネルを使用検証開始まとめほぼ今回使用し ...

続き

-ガジェット

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)