家電関係

停電時の備えにもなる 充電式 卓上扇風機

2019年10月14日

もともとポータブル電源のアダプターが充電中にかなり熱くなるので、冷却用に買った卓上扇風機ですが、実際に使ってみて思いのほか便利だったので、扇風機以外の機能も含めて記事にまとめてみました。

 

卓上扇風機の外観と機能性

大きさはちょうど500mlのペットボトルと同じくらいの大きさで、羽の直径は約16センチと割と大きいので、風量もしっかりあります。網目は細くしてあるので、子供が間違って指を入れないような作りになっています。

厚みはそれなりにあるので安定感もあって、それほど置き場所は選ばないと思います。

背面には、TYPE-AのUSBポートとmicroUSBのポートが一つづつ配置されています。

充電する時はmicroUSBポートを使用します。満充電には4時間くらいかかって、風量「弱」で約10時間使用できます(メーカー公表値) 。仮に電池が空の状態でもパソコン、USB充電器、モバイルバッテリーから電源をとって動かすことができます。あと、スマホの充電器が使えるのは便利だなと思いました。

下向きにはこの角度まで傾けることができます。もともとアダプターを冷やすために卓上扇風機を探していたので、購入の決め手となりました。

上向きには、真上を向かせることができます。狭い部屋なら、部屋の空気を充分循環させられると思います。

スイッチはオンとオフのみ。風量は「強」「中」「弱」の3段階で調節できて、オンのスイッチを押すたびに、一段ずつ風量が上がります。

風量は「弱」でも充分あるので、仕事中に机の上に置いて使ったり、寝る時に枕元に置いて使う分には「弱」で充分だと思います。ただ、レビューを見た感じでは静かな扇風機と評価している人が多いのですが、個人的には駆動音は少し大きいと思いました。音に敏感な人には向いていないかもしれません。

 

非常時にも使えるライト

側面の右側にはライトが付いていて、電源ボタンを長押しすると点灯します。ライトは扇風機を使いながら点けることも出来ます。

ライトといっても部屋全体を照らすほどの光量はなく、手元を明るくするくらいですが、停電時には充分役立つと思います。

ライトの消費電力を測定してみました。

そんなに明るくないライトなんで消費電力は少ないだろうなとは思っていましたが、想像以上の省電力でした。

5.03V x 0.054A = 0.27W 驚きの省エネ性能です!!

扇風機としても消費電力は少なくて、強「4.42W」、中「2.18W」、弱「1.22W」で、「弱」と400Whのポータブル電源と組み合わせると、約10日間も動かせます。

 

モバイルバッテリーとしても使える扇風機

充電池は、扇風機の底面のフタを開けると取り外すことができます。

電池は単3電池を二回りくらい大きくしたくらいの大きさの2000mAhのリチウム電池が並列で入っていました。バッテリー容量は4000mAhになります。

給電する時は、TYPE-Aのポートを使います。出力は、5V/1AなのでiPhoneに付属の充電器と同じです。

試しに、バッテリー容量 2716mAhのiPhone X をバッテリー残量20%から充電を開始しました。4.74V x 0.95A = 約4.5Wで充電しています。

30分で36%、60分で50%、90分で65%で、120分でどれくらいになるのかな?と思っていたら75%になった時点でバッテリーが無くなって充電がストップしていました…

バッテリーは4000mAhあるから、2200mAhくらいの充電は余裕でできると思っていたので、意外な結果となりました。

まぁそれでも、55%分の充電はできたので、非常用のモバイルバッテリーとしても使えるのではないでしょうか?

 

充電式 卓上ミニ扇風機のまとめ

よかったところ

  • 風量がそこそこある
  • 省電力
  • LEDライトが装備されている
  • モバイルバッテリーの代わりになる
  • 風向の可動範囲が広い
  • 屋外に気軽に持ち出せる
  • USBポートがあれば何処でも充電できる

気になったところ

  • 駆動音が少々大きい
  • バッテリーの容量が思ったほどない

 

まずは扇風機としての能力ですが、私は卓上扇風機を使ったことがなかったので、風量がしっかりあることに驚きました。それでいて省電力で、内蔵電池だけで最長10時間も動かせます。本体はとても軽く、屋外で長時間過ごすようなスポーツ観戦や野外イベントなんかに、うちわの代わりに持っていっても役立つかなと思いました。

また、LEDライトは暗いながらも非常灯として充分に使えるし、扇風機の充電池をモバイルバッテリーとして使えるのも便利です。

扇風機は身近に置いて使うものなので、いざという時にすぐに手にとれるところにある電化製品に、これらの機能を内蔵したのはいいアイデアだと思います。

本来の風を送るという機能だけに収まらない、充分に防災グッズになる商品だと思います。

 

 

 

ポータブル電源

2021/7/12

【EcoFlow RIVER Pro レビュー】便利な機能を詰め込んだ次世代型ポータブル電源

超大容量・高出力・急速充電で大人気の次世代ポータブル電源「EFDELTA」のエコフロー社から、容量720Wh・出力600Wの「RIVER Pro」が発売されました。 このポータブル電源には、高出力の電化製品を擬似的に使う機能や、1.6時間でフル充電ができる超急速充電、スマホアプリで設定をカスタマイズができる、他にはない便利な機能が満載です。 そんな RIVER Pro を購入から半年ほど使ったので、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 目次EcoFlow RIVER Proの特徴EcoFlow R ...

続き

ポータブル電源

2021/6/22

【Jackery Ace1500 レビュー】不可能を可能にするポータブル電源!

これまで高出力を謳いながらも、実際には何が動かせて何が動かせないのか気にしながら使っていたポータブル電源ですが、定格出力が1800Wの「Jackery Ace1500」の登場で状況が変わりました。 ドライヤーはもちろんケトルやIHコンロなど、普段使っている消費電力の高い家電を外に持ち出して使えるようになりました。今回はそんなJackery Ace1500を実際に使ってみて、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 この記事はメーカー様より商品を提供していただいて書いています。 目次Jackery Ac ...

続き

ポータブル電源

2021/4/10

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたこと【まとめ】Jackery SolarSaga 100 を使った感想   Jackery Solar ...

続き

ポータブル電源

2021/6/17

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/5/20

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴ヤマハ TW-E3Bの外観と機能ヤマハ TW-E3Bの操作方法ヤマハ TW-E3B ...

続き

家電関係

2021/3/20

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴F40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車に載せた時のサイズ感F40C4TMPの容量の目安F40C4TMPの冷却性能F40C4TMPをポータブル電源で動かしてみた【F40C4TMPレビューまとめ】さすがコンプレッサー式 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブル検証にはJackery700と100Wのソーラーパネルを使用検証開始まとめほぼ今回使用し ...

続き

-家電関係

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)