ポータブル電源

【Techoss ソーラーパネル 80W レビュー】スマホもパソコンも直接充電できる折り畳み式ソーラーパネル

2020年11月28日

今まで折りたたみ式のソーラーパネルは折り畳んでコンパクトにできることだけが特徴で、それ以外は値段が高くて性能面では据え置きタイプの劣化版というイメージを持っていました。

実際に折りたたみ式のソーラーパネルを使ってみると、発電量が高いだけでなく直接スマホやタブレットを充電できる、据え置き型にはない付加価値があることも知りました。

今回は折りたたみ式と据え置きタイプのソーラーパネルとの比較を交えながら、実際の使用感を検証しています。

なお今回使用した「Techoss ソーラーパネル 80W」はメーカー様から提供していただいたものです。

 

Techoss ソーラーパネル 80Wの外観

折りたたみ式だから当然小さくなりますが、畳んだ状態のときは15インチのノートパソコンとほぼ同じ大きさ。

横幅は5cmと薄く、重さは2.5Kgしかありません。

持ち手には滑り止めが付いていて持ちやすく

身長162センチの大人が持つとこんな感じ。

広げても127.5センチなので、それほど大きくは感じません。

背面にはポケットがあって、付属品に加えてケーブル類も収まる余裕の大きさ。

実際に付属品の他に延長ケーブルとUSBケーブルを3本入れていますが、余裕で収まります。ケーブル類を別で持ち歩かなくて済むのは助かります。

ポケットの中にはコントローラーが内蔵されていて、発電中は緑色のランプが点灯します。

背面の折りたたみ式のスタンドは、ベルトをピンと張ると角度を一定に保てます。また、スタンドを動かしてパネルの角度を調整することも可能。

これがけっこう便利でいちいちもたれさせる物を用意しなくていいのは助かります。

パネル四隅の穴は、ペグやロープを使って固定できます。

付属品はDC-DCケーブルと変換プラグと簡単な説明書。

変換プラグは10種類付属するので、いちいち買い足さなくていいのはありがたい。

変換プラグのサイズ(左から)

7.9mm×5.5mm、6.5mm×4.3mm、5.5mm×2.5mm、6.3mm×3.0mm、4.0mm×1.7mm、5.5mm×2.1mm、5.5mm×1.7mm、4.8mm×1.7mm、7.4mm×5.0mm、3.5mm×1.35mm

 

Techoss ソーラーパネル 80Wの特徴

私が使ってみて感じた特徴は以下の通り。

  • 高い変換効率
  • USB-CとUSB-Aの出力ポート搭載
  • 各種保護機能
  • 防水性能

 

高い変換効率

Techoss 80Wは太陽光の変換効率が 21.5~23.5% あるそうですが、これが実際にどれくらい高いのか見当がつかないので、据え置きタイプの「ECO-WORTHY 100W」を使ってポータブル電源「Jackery400」を充電して比較しました。

検証を開始したのは11月下旬の12:34で天候は快晴。ソーラーパネルはあらかじめ30分ほど放置して表面温度を安定させてから行いました。

ECO-WORTHY 100Wに繋ぐと発電量は62Wでした。今までこのパネルを使って検証していますが、大体これくらいの値を出してくれます。安定感は抜群です。

Techoss 80Wに繋いだところ、なんと64Wで発電していました!

まさか100Wの据え置き型を80Wの折りたたみ式が上回るとは思ってもいなかったので、かなり驚きです。

しかもこの後、1時間くらい雲がかからなかったので、ずっと60~64Wで安定していました。

パネルの表面温度の比較

ソーラーパネルは、表面温度で発電効率が変わるので比較しました。

検証開始後、暫くして日差しが安定している時に温度を測ったのが上の写真で、発電量の多い「Techoss 80W」の方が高いのは意外です。

発電効率について

ソーラーパネルは日差しが強くなると電流は上がる反面、パネルの表面温度が高くなってしまうので電圧は下がってしまい、結果的に発電量が下がります。ソーラーパネルの発電効率は表面温度が25度で最大になり、そこから1度上昇する度に0.5%低下するそうです。

曇りに強いのは据え置き型

検証を開始してから2時間後あたりから雲が出てきだすと、発電量にも変化がありました。

「Techoss 80W」は霞のような雲がかかるだけで、30~35Wくらいしか発電しなくなるのに対して、「ECO-WORTHY 100W」は同じ条件にもかかわらず、60W近辺で安定していました。

もちろん厚い雲に覆われると、どちらも1桁台まで落ち込みますが、曇がかかった時に強いのは明らかに「ECO-WORTHY 100W」です。

ECO-WORTHY 100Wはパネルを設置する角度も、シビアに合わせなくても発電してくれる印象で、それぞれのパネルのいいところが分かった検証となりました。

 

USB-CとUSB-Aの出力ポート搭載

ソーラーパネルは発電した電力をバッテリーに送ることしかできないと思っていましたが、Techoss 80Wはパネル単体でスマホやノートパソコンを充電できます。

ソーラーパネル裏側のコントローラーには、USB TYPE-Cを1口、TYPE-Aを2口装備していて、各ポートは接続された機器を自動的に検知して急速充電を行ってくれます。

各ポートの急速充電対応規格は以下の通り

USBポート 急速充電対応規格
USB-C  (PD3.0) DC 5V 3A,、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 3A
USB-A  (QC3.0) Apple2.4A、USB-DCP-5V-1.5A、QC3 3.6V-12.0V、QC2 9V 12V、Samsung-AFC 9V
USB-A  (2.4A) Apple2.4A、USB-DCP-5V-1.5A、Samsung 5V 2A

USB-PDの出力に関して、ホームページ上では30Wまでの対応と書いてありましたが、実際には45Wと60Wにも対応しているようです。

実際に60W充電に対応したポータブル電源を充電してみました。

結果は「19.4V × 2.9A = 56.26W」で充電できました。ただし、晴天で日差しの強い時間帯という限られた条件の時のみ可能。

上の写真は MacBook Air 2019モデルをPD充電しているところで、付属の充電器と変わらない 32.9Wで充電されていました。下の表はその他に充電した機器。

端末と接続ポート 充電量
Huawei nova 5T (TYPE-C) 9.29V × 1.32A = 12.26W
Xiaomi RedmiNote 9S (QC3.0) 8.7V × 1.78A = 15.49W
モバイルバッテリー AUKEY PB-Y32 (TYPE-C) 9.11V × 1.8A = 16.4W

注意ポイント

USBポートは3口あるので同時に3台までの端末を充電することが出来ますが、その場合、合計の出力は最大で4.8A。

ソーラーパネルだけで充電が完結するのはすごく便利!非常時にも役立ちそうです。

 

Techoss ソーラーパネル 80Wの各種保護機能

ソーラーパネル本体や接続した端末を守るための機能も備えています。

  • 過充電保護(満充電になった端末に負荷をかけない)
  • 過電流保護(想定以上の電流が流れた時に出力を止める)
  • 逆流電防止(バッテリーからソーラーパネルへの電流の逆流を防ぐ)

リチウムイオン電池に充電するため、安全への配慮はありがたい。

 

Techoss ソーラーパネル 80Wの防水性能

スマートフォンなどのスペック表を見ると、防水性能の項目に「IP65」や「IPX4」のように記載されていますが、これは防塵防水性能を表しています。

IPに続く3文字目に防塵レベル、4文字目に防水レベルが記載されていて「IP65」の場合「防塵性能がレベル6」で「防水性能がレベル5」ということになります。

「IPX4」の場合、防塵性能の「X」は省略を意味しています。(防塵性能が無いわけではありません)

Techoss 80Wは「IPX4」なので、少々の雨や水しぶきに当たっても大丈夫なレベルで、夕立のような土砂降りには対応していません。

急な雨対策としてスマホやモバイルバッテリーくらいの大きさの物は、背面のポケットに入れて充電しています。ただし夏場はパネルからの熱や地面の照り返しもあるので止めておいた方がいいでしょう。

また、コントローラー部分も濡れないようにチャックを閉めてケーブルだけ出すようにしています。

 

延長ケーブルはあった方がいい

日差しがそれほど強くない季節や気温が低い日は問題ないかもしれませんが、真夏の炎天下や急な雨降りのことを考えると、ポータブル電源やスマホは屋内に置いて、延長ケーブルを使って充電できるようにした方が安心です。

DCケーブルの場合

Techoss 80Wに限らずほとんどのポータブル電源やソーラーパネルに付属するケーブルは短いものが多く、Techoss 80Wも150センチルしかありません。

今回利用したのは5メートルの延長ケーブルで、余裕を持って10Aのケーブルを購入しました。

上の写真は付属のケーブルに延長ケーブルを繋いだもので、大体ガレージのシャッター2枚分の長さになります。

この時、延長ケーブルをソーラーパネル側に繋ぐと、接続部分を屋内に持ってこれるのでオススメ。

送電ロスは3~4Wで、別記事で試したソーラーケーブルの3メートルで1Wのロスと比べると大きいですが、ポータブル電源を野ざらしにするよりマシです。

USBケーブルの場合

USBのケーブルは、TYPE-C to C、TYPE-A to C ともに3メートルのものを使用しました。TYPE-C to CはUSB2.0なので転送速度は遅いですが、充電のために使うので問題なし。

上の写真はポータブル電源を充電している時のもので、ケーブルの長い短いで違いはほぼありませんでした。それ以外の端末は以下のとおり。

端末と接続ポート 1メートル 3メートル
MacBook Air (C to C) 34.58W 34.7W
Redme Note 9S (A to C) 18W 17.9W

USBケーブルの場合、長さを変えてもほとんど差がないことが分かりました。

 

Techoss 80Wは非常時の有効な備えになる

Techoss ソーラーパネル 80Wを使ってみて、よかったところとイマイチなところにまとめました。

よかったところ

  • 出力が高い
  • 持ち運びに便利
  • ソーラーパネルだけでスマホやパソコンを充電できる
  • 防水性能
  • スタンドが便利

イマイチだったところ

  • 雲の影響を受けやすい
  • 付属のケーブルが短い
  • 据え置きタイプより割高

 

Techoss 80Wは、今までの固定観念を覆してくれた製品で、特にソーラーパネルだけでスマホやパソコンを充電できるところが気に入りました。

防水性能や耐久性能は据え置き型には敵いませんが、発電量が高く持ち運びもしやすいので、コンパクトなポータブル電源と組み合わせると、非常時に持ち出せる有効な備えになると思います。

今まで災害が起こった時には自宅に留まってやり過ごすことを想定していましたが、家から離れる時のことを考えた備えも準備しておいた方がいいなと感じさせられた検証となりました。

 

ポータブル電源

2021/4/10

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴据え置き型のパネルと遜色ない性能IP65相当の防水性能USBポートから直接スマホの充電が可能Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたことケーブルの長さは ...

続き

ポータブル電源

2021/4/10

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/3/9

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴aptX と TWS Plus 対応で高音質、低遅延、接続安定豊富な6色のカラーバ ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

【Techoss ソーラーパネル 80W レビュー】スマホもパソコンも直接充電できる折り畳み式ソーラーパネル

今まで折りたたみ式のソーラーパネルは折り畳んでコンパクトにできることだけが特徴で、それ以外は値段が高くて性能面では据え置きタイプの劣化版というイメージを持っていました。 実際に折りたたみ式のソーラーパネルを使ってみると、発電量が高いだけでなく直接スマホやタブレットを充電できる、据え置き型にはない付加価値があることも知りました。 今回は折りたたみ式と据え置きタイプのソーラーパネルとの比較を交えながら、実際の使用感を検証しています。 なお今回使用した「Techoss ソーラーパネル 80W」はメーカー様から提 ...

続き

家電関係

2021/3/20

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴パワフルなコンプレッサー方式バッテリー保護機能が付いている使用中に電源が切れても電源が入ると運転が再開される500mlのペットボトルを立てて入れられる車の中でも家の中でも使えるF40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブルケーブルのスペックソーラーケーブルの特徴DC8mmケーブルの特徴ケーブルの長さの比較検証 ...

続き

家電関係

2021/3/9

【ANSOLO 充電式カイロ レビュー】必要な時だけ、好みの温度で暖めてくれる便利なカイロ

私は運動不足解消のために散歩をしていて、冬場は使い捨てのカイロをよく持ち出していたのですが、帰ってきてからの扱いをどうすればいいのか?という問題に毎回直面していました。 必要ないなら捨てればいいのだけれど、さっきまで私のことを温めてくれたカイロに申し訳ない気がするし、帰ってきてからの方が元気に発熱して、温かいを通り越して熱いくらい頑張ってるから余計に捨てられない… どうしたものかとアマゾンを見ていると「充電式カイロ」という商品があったので購入してみました。この記事では実際に使ってみた感想や気付いたことなん ...

続き

-ポータブル電源

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)