ポータブル電源

AC/DCコンバーターを使って車用炊飯器をポータブル電源のACから電源をとって使ってみた

2019年7月3日

アウトドアから非常時まで、いろんな用途で便利に使えるポータブル電源ですが、多くの製品は充電量が減ると、直流の電圧が下がります。

下がることによって、本来の能力を発揮できない電化製品もあります。車用炊飯器の場合は、12Vを下回ると炊飯時間が長くなったり、炊けなくなったりします。

そこで今回は、ポータブル電源の弱点を克服して、もっと便利に活用できるように、コンバーターを使って炊飯するとどうなるのかを検証していきたいと思います。

 

AC/DCコンバーターを使って電圧の安定化

検証にはAC/DCコンバーターを使いました。本来は12V用の電化製品を家庭で使えるようにするためのものですが、ポータブル電源のACに挿してご飯を炊いてみました。

ポータブル電源のACは安定しているので、コンバーター経由のDCの電圧は下がらないはずです!

 

炊飯レビュー

コンバーターの電圧は12.6Vでした。車が走行中の電圧は、だいたい13V以上あるので、少々不安ではありますが、炊飯を開始しました。

別の記事で、NOVOO Power Adventure 230Wh とメルテック 車内用 炊飯器を使ってご飯を1合炊きましたが、その時は通常なら30分くらいで炊けるところ、1時間5分もかかりました。当然、2合は炊けそうになかったので挑戦しませんでしたが、今回は電圧が下がらないということで、同じ組み合わせで、あえて2合にチャレンジしました。

炊飯中のコンバーターは、一番熱いところで 57.6度になっていました。シガープラグは30度くらいでした。

炊きあがりまで1時間26分かかりました。説明書には50分くらいで炊けると書いてあったので、36分も余分に時間がかかりました。

炊きあがったご飯は、炊きあがりにムラがあって、柔らかいところもあれば、硬いところもあるような状態で、底は薄っすらとお焦げができていました。

感想としては、2合はぎりぎり炊けるといったところです。

常に13.3Vあった Jackery 400Wh と比べて、電圧が低かった分、炊きあがるまでに時間がかかったのかと思います。味もJackery の方が数段 美味しかったです。

ポータブル電源の残量は2メモリ減りましたが、電圧は12.6Vをキープしていました。

補 足

この後、1合を炊いてみたところ、こちらも通常よりも長く、45分かかりました。炊きあがりは均一で、2合の時とは違い味も美味しかったです。コンバーターを使ってご飯を炊く場合は、なるべく1合までにしておいた方がよさそうです

他のポータブル電源ではどうなるのかと思ったので、もっと容量の少ない、しかも修正正弦波のsuaoki S270 でも1合を炊いてみました。

結果は同じで45分で炊きあがって、バッテリーの残量は目盛りが一つ減っていました。炊きあがりのご飯も同じような感じで、1合を炊くには何も問題がありませんでした

ちなみに電圧は、開始時も終了時も12.6Vでした。

 

【まとめ】AC/DCコンバーターを使った感想

検証を終えてみて、最初に思っていたよりもうまくいって、充分使えるなという感想です。さすがに2合を炊くのは厳しいですが、1合を炊くのであれば、少し時間は余分にかかりますが、美味しく炊くことができました。

ポータブル電源と車用の炊飯器をいっしょに買って使ってみたけど、時間はかかるし美味しく炊けなくてがっかりした人はいると思います。余分にコンバーターを用意する必要はありますが、その価値は十分にあると思います

検証結果まとめ

  • AC/DCコンバーターを使うとDCの電圧が安定します
  • 電圧は車が走行中の13Vはない
  • 車用の炊飯器は1合であれば美味しく炊ける
  • 修正正弦波のポータブル電源でも問題なく使える

 

今回使用した機器

 

ポータブル電源

2021/6/18

【Jackery Ace1500 レビュー】不可能を可能にするポータブル電源!

これまで高出力を謳いながらも、実際には何が動かせて何が動かせないのか気にしながら使っていたポータブル電源ですが、定格出力が1800Wの「Jackery Ace1500」の登場で状況が変わりました。 ドライヤーはもちろんケトルやIHコンロなど、普段使っている消費電力の高い家電を外に持ち出して使えるようになりました。今回はそんなJackery Ace1500を実際に使ってみて、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 この記事はメーカー様より商品を提供していただいて書いています。 目次Jackery Ac ...

続き

ポータブル電源

2021/4/10

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴据え置き型のパネルと遜色ない性能IP65相当の防水性能USBポートから直接スマホの充電が可能Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたことケーブルの長さは ...

続き

ポータブル電源

2021/6/17

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/5/20

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴aptX と TWS Plus 対応で高音質、低遅延、接続安定豊富な6色のカラーバ ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

【Techoss ソーラーパネル 80W レビュー】スマホもパソコンも直接充電できる折り畳み式ソーラーパネル

今まで折りたたみ式のソーラーパネルは折り畳んでコンパクトにできることだけが特徴で、それ以外は値段が高くて性能面では据え置きタイプの劣化版というイメージを持っていました。 実際に折りたたみ式のソーラーパネルを使ってみると、発電量が高いだけでなく直接スマホやタブレットを充電できる、据え置き型にはない付加価値があることも知りました。 今回は折りたたみ式と据え置きタイプのソーラーパネルとの比較を交えながら、実際の使用感を検証しています。 なお今回使用した「Techoss ソーラーパネル 80W」はメーカー様から提 ...

続き

家電関係

2021/3/20

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴パワフルなコンプレッサー方式バッテリー保護機能が付いている使用中に電源が切れても電源が入ると運転が再開される500mlのペットボトルを立てて入れられる車の中でも家の中でも使えるF40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブルケーブルのスペックソーラーケーブルの特徴DC8mmケーブルの特徴ケーブルの長さの比較検証 ...

続き

-ポータブル電源

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)