ポータブル電源

【Jackery Tuned by JVC】人気のポータブル電源メーカーJackeryとJVCケンウッドのコラボ商品発売

2019年12月4日

オーディオ製品でお馴染みの「JVCケンウッド」と私も気に入って使っている人気のポータブル電源メーカーの「Jackery」が共同開発をした製品が3機種発売されました。

基本的にはJackery製品をベースに、高出力タイプの容量違いが2製品、コンパクトタイプが1製品という内訳となっています。

「黒 ✕ サンドベージュ」のどんなシーンにも合いそうなカラーで登場した新製品の特徴や、Jackery製品とどこが違うのか見ていきましょう。

 

「Jackery」と「JVCケンウッド」の共同開発

アメリカでポータブル電源やソーラーパネルで実績のあるJackery社と、ビデオカメラやカー用品でお馴染みのJVCケンウッドの共同開発によるポータブル電源が誕生しました。

BN-RBシリーズ

Jackery社の培ってきたポータブル電源の実績と、JVCケンウッドの多彩な製品で培った品質管理基準をクリアすることにより、国内メーカーとしての高い安全性を確保したポータブル電源が、「BN-RBシリーズ」です。

 

BN-RBシリーズの特徴

基本はJackery製品をベースに、JVCケンウッド独自の品質管理と安全基準をクリアしたモデルです。以下に特徴をまとめました。

  • 本体色が「黒 ✕ サンドベージュ」
  • 独自の安全基準による信頼の国内メーカー品質
  • 国内サービス拠点・全国家電量販店で受付サポート
  • ACが正弦波なので、ほとんどの精密機器が問題なく使える
  • 世界最先端のバッテリー保護システム搭載
  • 最低動作温度がマイナス10度から
  • 2年間の長期保証

国内のサービス拠点や全国の量販店でのサポートしてもらえるのは頼もしいですね。

 

BN-RBシリーズのラインナップ

全3機種で、高出力タイプが2機種、コンパクトタイプが1機種という内訳です。

■ たっぷり容量タイプ
・充電池容量:626Wh / 174,000mAh
・最大出力:500W / 瞬間最大1000W
・重量:6.4kg
・価格:71,200円


■ スタンダードタイプ
・充電池容量:518Wh / 144,000mAh
・最大出力:500W / 瞬間最大1000W
・重量:6.1kg
・価格:60,280円


■ コンパクトタイプ
・充電池容量:311Wh / 86,400mAh
・最大出力:200W / 瞬間最大400W
・重量:3.6kg
・価格:40,480円

 

電化製品使用時間目安( メーカー公表値 )

Jackery700と400を使っている感覚からすると、けっこう控えめに見積もってるなという印象です。この表の中で扇風機と電気毛布と小型ポットを使用していますが、実際はもう少し長く使えると思います。

 

Jackery製品を含めての比較

BN-RBシリーズはJackery製品がベースになっていますが、バッテリー容量が違うので、一覧表にして比べてみました。

モデル Jackery700 BN-RB6-C BN-RB5-C Jackery400 BN-RB3-C Jackery240
容量 704.6Wh 626Wh 518Wh 409.5Wh 311Wh 241.9Wh
定格出力 500W 500W 500W 200W 200W 200W
瞬間最大出力 1000W 1000W 1000W 400W 400W 400W
価格 79,800円 71,200円 60,280円 44,800円 40,480円 25,800円

一つのメーカーでこれだけ細かくラインナップを揃えるのは難しいと思うので、うまく棲み分けができていると思います。

 

まとめ

BN-RBシーズで、個人的には「黒 ✕ サンドベージュ」のカラーが落ち着いた色でいいなと思いました。この先、他にも色を追加してくれないかなと期待してしまいます。

機能面で言えば、小型のポットやファンヒーターが動かせる500Wの製品に魅力を感じるし、思っている以上に小さくて、何処へでも気軽に持ち出せるコンパクトタイプも捨てがたいです。そのへんはJackery700と400のレビュー記事を書いているので参考にしていただけると幸いです。

BN-RBシリーズとJackery製品の違いは、大まかに言ってカラーとバッテリー容量なので、使用目的や好みに合わせて選べばいいと思います。

Jackery製品との違い

  • 本体の色
  • バッテリー容量
  • 独自の安全基準による品質
  • 国内サービス拠点・全国家電量販店で受付サポート

 

 

Jackery製品のレビュー記事

Jackery700
【Jackery ポータブル電源 700 レビュー】500W / 700Whの大容量高出力のポータブル電源を徹底検証

続きを見る

Jackery400
【Jackery ポータブル電源 400 レビュー】DCの出力が落ちない車中泊に最適なポータブル電源

続きを見る

 

 

ポータブル電源

2021/7/12

【EcoFlow RIVER Pro レビュー】便利な機能を詰め込んだ次世代型ポータブル電源

超大容量・高出力・急速充電で大人気の次世代ポータブル電源「EFDELTA」のエコフロー社から、容量720Wh・出力600Wの「RIVER Pro」が発売されました。 このポータブル電源には、高出力の電化製品を擬似的に使う機能や、1.6時間でフル充電ができる超急速充電、スマホアプリで設定をカスタマイズができる、他にはない便利な機能が満載です。 そんな RIVER Pro を購入から半年ほど使ったので、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 目次EcoFlow RIVER Proの特徴EcoFlow R ...

続き

ポータブル電源

2021/9/13

【Jackery Ace1500 レビュー】不可能を可能にするポータブル電源!

これまで高出力を謳いながらも、実際には何が動かせて何が動かせないのか気にしながら使っていたポータブル電源ですが、定格出力が1800Wの「Jackery Ace1500」の登場で状況が変わりました。 ドライヤーはもちろんケトルやIHコンロなど、普段使っている消費電力の高い家電を外に持ち出して使えるようになりました。今回はそんなJackery Ace1500を実際に使ってみて、気付いたことや感じたことを紹介していきます。 この記事はメーカー様より商品を提供していただいて書いています。 目次Jackery Ac ...

続き

ポータブル電源

2021/8/31

【Jackery SolarSaga 100 レビュー】据え置き型と遜色ない性能を発揮する畳み式ソーラーパネル

今までJackery(ジャクリ)のポータブル電源を所有しながら、純正のソーラーパネルは使ったことがありませんでしたが、今回メーカーさんにお借りする機会があったので、手持ちのポータブル電源を使ってどんな特徴があるのか検証してみました。 目次Jackery SolarSaga 100 の特徴Jackery SolarSaga 100 の外観Jackery SolarSaga 100 を使って気付いたこと【まとめ】Jackery SolarSaga 100 を使った感想   Jackery Solar ...

続き

ポータブル電源

2021/9/26

【Anker PowerHouse II 400 レビュー】災害時を意識したソーラー充電対応ポータブル電源

ポータブル電源の大容量高出力化が進む中、「Anker PowerHouse II 400」は最大出力300W、容量388Whという控えめなスペックで登場しました。 このポータブル電源は「Anker PowerHouse」の後継機種で、コンパクトな本体や2種類のLEDライトを備えていることから、災害時を意識して作られているのかなと思います。 モバイルバッテリーや充電器で実績のあるANKERが作るポータブル電源が、どんな製品でどんな特徴があるのか、比較対象になるであろう「Jackery400」や旧製品の「Po ...

続き

ガジェット

2021/9/28

【ヤマハ TW-E3B レビュー】純粋に音楽を楽しめるワイヤレスイヤホン

楽器やオーディオ機器で有名な「ヤマハ」のワイヤレスイヤホン「TW-E3B」を購入しました。 1万円以下で買えるワイヤレスイヤホンでありながら、エントリーモデルとは思えないほどクリアで心地いい音を楽しませてくれる「TW-E3B」は、さすがヤマハと言ったところ。 デザインも可愛くてイヤホンでは珍しい6色の色展開も魅力な「TW-E3B」を20日ほど使用したのでレビューしていこうと思います。 目次ヤマハ TW-E3Bのスペックと特徴ヤマハ TW-E3Bの外観と機能ヤマハ TW-E3Bの操作方法ヤマハ TW-E3B ...

続き

家電関係

2021/9/23

【F40C4TMP レビュー】容量25Lのポータブル冷蔵庫をポータブル電源やいろいろな条件下で使ってみた

ポータブル冷蔵庫を購入してからアウトドアでの使用に留まらず、普段の買い物や遠方から生物を買ってこれたりと、思っていた以上に便利に活用していますが、今まで本格的な暑さの中で使ったことがなかったので、残暑が厳しいこの時期にいろいろな条件のもと検証してみました。 目次F40C4TMPの特徴F40C4TMPの外観F40C4TMPの操作方法車に載せた時のサイズ感F40C4TMPの容量の目安F40C4TMPの冷却性能F40C4TMPをポータブル電源で動かしてみた【F40C4TMPレビューまとめ】さすがコンプレッサー式 ...

続き

ポータブル電源

2021/3/9

ポータブル電源とソーラーパネルを延長ケーブルで繋ぐと電力の損失はどれくらいあるのか?

ポータブル電源にソーラーパネルを繋ぐと手軽に充電できますが、夏場の炎天下や急な雨降りのことを考えると、安心して外に放置しておけません。 そんな時に延長ケーブルを使うとポータブル電源は涼しくて雨のかからない屋内に置いておけるので安心して充電できますが、延長ケーブルを使うと一体どれくらいの電力をロスするのか気になったので、実際に延長ケーブルを使って検証してみました。 目次使ったケーブルはソーラーケーブルとDC8mmケーブル検証にはJackery700と100Wのソーラーパネルを使用検証開始まとめほぼ今回使用し ...

続き

-ポータブル電源

© 2021 K's Garage (ケーズガレージ)